山口銀行の資産運用

山口銀行は、地域で長く親しまれてきた金融機関として知られています。山口では資産づくりとして活用する人が多く、山口銀行ではニーズに合わせた金融商品の開発に取り組んでいます。

資産運用では、いままで金利の高い定期預金などが利用されることが多かったのですが、山口銀行では資産運用に効果のある商品を提供しています。近年、景気が低迷していることから日本の金融機関では低金利が続いています。このような状況では、預金によって高い利回りが期待できないことから、他の方法による資金形成が行われています。

定期預金の金利の情報 「定期預金の金利の比較」
http://www.woman110.com/200807/

山口銀行では、投資を活用した資金形成を進めるようになり、顧客に安心して利用できる資産運用法を提供しています。たとえば、山口銀行の投資信託は、株式や社債などに投資して利益を上げる投資方法として知られ、この場合、株価の上昇や為替レートの変動によって利益を投資者に還元しています。

投資信託は、少ない金額からはじめることができることが特徴で、山口銀行が扱っている主な商品には、三菱UFJ投信の公社債投信や中期国債ファンド、みずほ投信投資顧問のMHAM中期国債ファンド、MHAMのMMF、野村アセットマネジメントの野村MMFなどの投信会社やファンド、信託銀行を活用しています。

投資信託なら、預金の基準金利よりも大きな利益が期待できるようになり、銀行サービスとしては非常に効果があります。

また、山口銀行は、近年、多くの支店をもつようになっただけでなく、北九州銀行やもみじ銀行と提携するようになり、経営が安定して投資性の高い銀行となりました。山口銀行は格付け機関による信用格付けや銀行格付けランキングなどにおいて、高い評価を受けています。そのことから、地方銀行である山口銀行は、東京などの投資家から人気があります。